エコポイントカードで“レジ袋を3万枚節約”できました

レジ袋などプラスチックが環境破壊を招き、その使用抑制が世界的に叫ばれています。当プロジェクトは多摩区商店街連合会傘下4商店街と “お客さまにエコな買物を心がけていただく「エコポイントカード」”を2015年からすすめてきました。この結果2019年12月末でレジ袋節約枚数が累計30000枚に達しました。これは4商店街14店舗が延3000人近いお客さまに“レジ袋を使わないエコ活動”をお願いした結果です。「エコポイントカード」のポイントは「レジ袋を使わない」のほか飲食で「食べ残しをしない」・「マイ箸の使用」、「段ボールコンポストの使用」、「廃食油の回収」など買物、飲食の際お客さまが環境に配慮した行動で獲得ができます。20ポイント貯まればエコ活動に協力のお礼として100円の買物券として使えるカードです。なお、当プロジェクトはこの他に商店街のイベントの際、リユース食器の使用で発生するごみを抑制するなど“お客さまが商店街で環境によりやさしい意識で行動をしていただく啓発活動”をしています。

カテゴリー: エコポイントカード, 商店街エコ, 活動報告 | エコポイントカードで“レジ袋を3万枚節約”できました はコメントを受け付けていません。

第11回「登戸まちなか遊縁地」でエコ活動をしました

2019年11月16日(土)に「登戸まちなか遊縁地」が多摩区役所近くの空き地で開催され、お子さんからお年寄りまで5000名を超える来場者がありました。当多摩エコスタイルプロジェクトは1⃣『エコポイントカードの広報活動』、2⃣『イベントでの発生ごみ削減活動』、3⃣『リユース食器の普及活動』をしました。エコポイントカードの広報活動は「エコポイントカード参加店舗当てゲーム」が好評で多くの人に商店街でのエコ活動の大切さを知ってもらいました。会場での発生ごみ削減は”来場者にごみの持ち帰りのお願い”、“出店店舗には使ったごみは自店で責任回収の徹底”をしました。その結果スタッフが終了後会場内で集めたごみを含め当日発生した普通ごみはごみ袋1個分で収まりました。リユース食器の普及促進は、飲食に使われる使い捨てコップや食器にかえて何度でも使えるリユース食器の採用促進をしました。今回は5店舗で380個使われ発生ごみの削減ができました。なお、「登戸まちなか遊縁地」は“区画整理工事で変わりつつある登戸地区のまちの賑わいを取り戻すため”と“来場者の各家庭で使われるエネルギー節約を目指し”平成28年9月から開催し、平成30年からは「磨けば光る多摩事業」の委託事業として行われています。   

カテゴリー: ごみ, イベント, エコポイントカード, 商店街エコ | 第11回「登戸まちなか遊縁地」でエコ活動をしました はコメントを受け付けていません。

    エコ活動をしました(in登戸まちなか遊縁地)

11月17日(土)当プロジェクトは、登戸区画整理事業で出来た空き地を利用した“登戸まちなか遊縁地”で「会場内発生ゴミゼロ活動」、「エコ啓発活動」、「近隣商店街で実施中のエコポイントカード普及活動」をしました。晴天に恵まれたことと昨年につづき会場内に特設したメリーゴーランドで子ども連れ家族を中心に6000名近い来場者で賑わいました。

「会場内発生ゴミゼロ活動」は飲食店の使い捨てカップ・食器を減らすためリユース食器を5店で310個使用し、ゴミ発生量を減らしました。その他飲食店、物販店での発生ゴミは各店で回収を徹底、さらに終了後会場内ゴミ拾いをしました。
「エコ啓発活動」は自然エネルギーの代表格太陽光の力をソーラー模型電車実演で、他に今回新たに紙芝居「浦島太郎」でプラスチックゴミによる海洋汚染防止を、「うさぎとかめ」でマイカップ使用促進を、子どもたちに楽しく、わかりやすく説明しました。また、「エコポイントカード」は4月から2商店街が加わり4商店街が実施中で、多摩区商店街エコ活動として定着してきました。今回、まだ使用していない来場者に使用を呼びかけました。他に、今後の活動の参考に「レジ袋使用状況アンケート調査」を実施しました。

なお、同会場では大学生が企画した「たまなび1日子ども商店街」も同時開催されました。

リユースカップで会場内発生ゴミ削減


リユース食器


紙芝居でプラスチックごみの海洋汚染防止を呼びかけ


カテゴリー: 未分類, 活動報告 |     エコ活動をしました(in登戸まちなか遊縁地) はコメントを受け付けていません。

新たに「エコポイントカード」実施店が2商店街33店舗増えました

商店街と地域住民が一緒にエコ活動を推進するエコポイントカードは2016年川崎市“スマートライフスタイル大賞”優秀賞、さらに今年2月には低炭素社会構築を目指す活動団体の全国大会【低炭素杯2018】で同じく優秀賞を受賞しました。エコポイントカードは2015年から多摩区内2商店街で実施され、今年4月から新たに2商店街33店舗が加わりました。買い物の際レジ袋を使わずにレジ袋の使用量を減らし、飲食店で食べ残しをなくしゴミ発生を抑制するなど、そのエコポイント一つ一つは小さなエコ活動ですがエコポイントをつけることで、地域ぐるみでエコ活動に取り組み、地域内の環境負荷低減意識を高め、地球温暖化防止に役立つ仕組みです。これまでにレジ袋約6000枚削減できました。
各商店街エコポントカード参加店と各店がお客さまに協力をお願いする「店のエコ」は下記のとおりで、多摩区内4商店街53店舗で採用されています。子どもたちの未来のために、皆様のご協力をお願いいたします。

登戸東通り商店街/区役所通り登栄会商店街

民家園通り商店街

生田中央商店会街

カテゴリー: エコポイントカード, 商店街エコ | 新たに「エコポイントカード」実施店が2商店街33店舗増えました はコメントを受け付けていません。

登戸まちなか遊縁地でエコ活動をしました

2018年の最初のまちなか遊縁地は5月26日(土)登戸小学校スクールバンドの「365日の紙飛行機」の演奏で始まり、天候にも恵まれ会場内は賑やかな一日となりました。多摩エコスタイルはエコなイベントを目指し会場内発生ゴミ削減のためのリユース食器利用促進と多摩区内4商店街で実施されているエコポイントカードの広報活動を行いました。またソーラー模型電車実演も実施しました。今回会場内でリユース食器はコップとお皿、どんぶり330個が使用され、ごみ減量に貢献しました。エコポイントカードは区役通り登栄会、登戸東通り商店街の他に4月から民家園通り及び生田中央両商店会でも始まっています。ブースに立ち寄られた約50名の方に、お住い近くの商店街に合わせてエコポイントカードを紹介しました。これを機会にエコポイントカードを使って商店街でのエコ活動に参加していただけることを期待しています。                              今回の会場では飲食関係で、これまでの肉の伊勢屋などの他に新たに6台のキッチンカーが加わり一段と内容が充実しました。一方子どもたちに評判の迷路、巨大なエア遊具、逆バンジージャンプの他青空ステージなど家族連れで6時まで5000名近い皆さんが楽しんでいました。
(注)登戸まちなか遊縁地は2016年9月から地域活性化と環境(エコ)啓発促進を目的に多摩区役所近辺の区画整理事業でできた空き地で開催し、今回で7回目となります。

カテゴリー: 未分類 | 登戸まちなか遊縁地でエコ活動をしました はコメントを受け付けていません。