カテゴリー別アーカイブ: ごみ

プラスチック製容器包装の分別 中級編

今回は中級編です。 前回の初級編ではプラマークのあるものだけをプラ製容器包装に出してくださいと書きました。 でもプラマークがないものでもプラに分別できるものがあります。 果物などを包んでいるネットや梱包に使われるプチプチなどにはマークは書いてません。 これにプラマークを入れるのは手間がかかるので表示されていません。 ではサランラップはどうなの? お弁当などを包んでいたサランラップはプラ製容器包装 おうちで使ったサランラップは普通ごみです。 ではクリーニング屋さんから帰ってきた服を包んでいた袋はどうなの? まずクリーニング屋に出したものは商品ではありません。 袋に入れるのはお店のサービスであり、容器包装に入らないので普通ごみに入れてください。 プラ製容器包装の難しいところはこのあたりのことだと思います。 プラスチック製なのに出してはいけないものがある。そのあたりがわからず分別に疲れてしまう。 でも法律上の問題なので仕方ないと思います。

カテゴリー: ごみ | コメントは受け付けていません。

プラスチック製容器包装の分別 超初級編

9月から始まった「プラスチック製容器包装」の分別回収。 分別するのは難しいし、手間もかかる。 じゃあ簡単なものからはじめましょう。 今回のポイントは「大きいものだけ出す」 今回は超初級編なので簡単です。 家電や家具など大きな買い物をしたときに梱包として利用されている発泡スチロールを集めましょう。 発泡スチロールは大きいものが多く、これをプラスチックの分別に出すだけでだいぶ違います。 なので梱包に使われていたビニール袋などにまとめて、プラ回収に出しましょう! 発泡スチロールが出る頻度は少ないと思うので、やれるときにだけやっていきましょう。 何事も小さなことからコツコツとです。

カテゴリー: ごみ | コメントは受け付けていません。

ドラえもんのひみつ道具で考える環境問題「リサイクル」

多摩区ではプラスチック製容器包装の回収が始まり、より一層リサイクル意識が高まることが期待されています。 資源の有効利用を目的にリサイクルが行われています。 しかしその製品の原料というのはなかなか見えてきませんよね? そこでこの道具でいろいろなものの原料を見ていきたいです。 「原料ライト」  どんなものでもこの光を浴びせると、もとの材料に戻る。 ストーリーでは、のび太のテスト用紙に光を当てると木に戻っています。 紙の原料はパルプと呼ばれ、木をほぐして出る繊維を集めた物です。 ミックスペーパーやダンボール、飲料パック、新聞紙、雑誌は木が原料になっています。 それではプラスチックにあてるとどうなるでしょうか? プラスチックというのは原油から作られています。 日本で消費される原油のほとんどが他国からの輸入に頼っています。 原油の消費を抑えるためにできる限りのことをしていきたいですね 興味をもった人は缶やビンも調べてみてください♪

カテゴリー: ごみ, ひみつ道具 | コメントは受け付けていません。

ミックスペーパーの分別 達人編

初級編から中級編を書こうと思ったのですが、思ったほど内容がなかったです。 初級編から幅を広げたものが中級編となります。 今回は達人編に入ります。 達人編のテーマは「複合素材に要注意!」です。 ごみを分別していると触った感覚で紙でないものがあります。 でも表示を見てみると紙マークが表示されています。 (紙マーク) ミックスペーパーの場合、紙マークがなくても出せるのでマークを目印にして分別するのに注意が向いてないことが多いです。 (プラスチック製容器包装の場合、プラマークを目印として分別する。) たとえばカップ麺のふたは触った感覚はプラスチックっぽいですが、表示は紙マークです。 このふたは複合素材でできており、マークの表示は「重量比が大きい方の素材の識別マークを表示する」というルールがあるため紙になります。 参考 経産省3R政策資源有効促進法 複合素材にする理由として、複数の素材を組み合わせることで資源の利用を抑える役割を持っています。3Rの中のリデュースです。 この複合素材に騙されずに分別ができるようになったら、あなたもミックスペーパーの分別の達人です!

カテゴリー: ごみ | コメントは受け付けていません。

ミックスぺーパーの分別 初級編

9月2日から普通ごみの回収が週2日になります。 普通ごみの回収が週2日になるタイミングでミックスペーパーの分別をやってみましょう! もうすでにやっている方はこのまま続けていきましょう。 今回はミックスペーパーの分別初級編を紹介します。 あまり難しいことは考えずに気楽にやっていきましょう。 ポイントは「やらぬものはやらぬ」です。 簡単に取り組むためにはミックスペーパーの中の1つのものに絞ります。 今回は空き箱にします。 大きめの空き箱か紙袋を用意します。 そこにわかりやすく、「あきばこ」と書きましょう。 そしてごみ箱の横に置いておきます。 そこに空き箱だけ入れていきます。 石けんなどにおいのついた物や汚れたものは普通ごみです。 かさばらないように折りたたむとGood! 回収日になったら出しましょう。天気が雨でも出すことができます。 指定のもの以外は入れないことです。 習慣がついたら、次のステップにいきましょう 学生ならプリント、オフィスなら手紙などごみで割合の多いものを選びましょう。

カテゴリー: ごみ | コメントは受け付けていません。