カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

羽子板用羽根づくりにチャレンジしました

1月21日(土)に開かれた“登戸まちなか遊縁地”(区役所通り登栄会商店街振興組合・登戸東通り商店会主催)で羽子板用の羽根づくりに子どもたちとチャレンジしました。近くのお寺から拾ってきたムクロジ(無患子)という木の実に穴をあけ、鶏の羽を接着剤で固定し羽根を作り、同じく手作りの羽子板で羽根つき遊びをしました。その他に多摩エコスタイルプロジェクトは太陽光利用模型電車と燃料に木質ペレットを使うエコなストーブの実演、たねだんごづくり教室、竹とんぼ・けん玉・コマ回しなどの昔遊びで延200人近い地域の皆さまと交流できました。

カテゴリー: イベント, 未分類, 活動報告 | コメントは受け付けていません。

新しい交流広場“まちなか遊縁地”始まる

9月17日、登戸東通り商店会の空き地で“まちなか遊縁地”が始まりました。多摩エコスタイルは「エコカフェ」を開き、太陽光でピザや紅茶をつくり、模型電車を動かし、さらにシュロの葉でかごをつくるなどで環境について50名近い地域の皆さまと交流できました。のぼりとゆうえん隊はテント商店街を出し、メリーゴーランドプロジェクトのパフォーマンスを行い、みなさん楽しそうに参加していました。 多摩エコスタイルは昨年7月から商店街エコ推進支援活動の一つとして、東通り商店会の毎月の売り出し日「なまずんの日」にあわせ、区画整理でできた空き地を利用し、環境について地域の皆さまと交流会を単独で開催してきました。今回から下記団体と連携し規模を拡大し“まちなか遊縁地”として新たにスタートしました。 今後、11月19日、来年1月21日にも開催を予定しています。皆さまのご来場をお待ちしています。 “まちなか遊縁地”は、地域の皆さまとの交流を深め、エコな商店街と地域を作ることを目的としたプロジェクトです。登戸東通り商店会と区役所通り登栄会商店街振興組合、東京都市大学環境学部、のぼりとゆうえん隊、多摩エコスタイルプロジェクトが企画・運営しています。

カテゴリー: イベント, 活動報告 | コメントは受け付けていません。

第4回登栄会まちゼミで「マイ傘袋づくり講座」を実施

多摩エコスタイルプロジェクトでは、エコな商店街をめざし、6月から登戸東通り商店会でエコポイントカードの取り組みを行ってきましたが、10月1日から区役所通り登栄会商店街でも、このエコポイントカードに取り組んでいくことになりました。 ※参考:登戸「エコな商店街」推進計画がはじまります! この告知も兼ねて、同商店会開催の「第4回まちゼミ」に初めて参加しました。 マイ傘袋は使わなくなった傘の布を使って作り、使い捨て傘袋を使わないことで、ごみの減量を目指します。川崎のごみ事情なども学んでから、製作にとりかかります。 10月18日に5名、21日に4名の方に、ご参加いただきました。どなたも出来栄えに満足され、早速雨の日に使おう、友人に作ってあげよう、折り畳み式傘用を作ろうなど、これからの計画をうれしそうに語っておられました。 私たちはこのような小さなエコを積み重ね、子どもたちのために地球温暖化防止に努めています。  ☆出来上がり!

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

登戸「エコな商店街」推進計画が始まります!

第6回登戸エコ会議(末尾注をご参照ください)を5月23日に開催いたしました。 6月6日から市民と一緒に行う「エコな商店街」を目指す“登戸東通り商店会”の活動内容を確認しました。 “登戸東通り商店会”の活動内容は次のとおりです。 (1) 市民の皆さんに商店街エコの協力をお願いする「エコポイントカード」を新たに発行 (2) 商店街の空き地を活用し、近隣家庭の省エネのために市民に外出をうながすイベントとエコなライフスタイルを広めるためのエコ体験の実施 以上を当“多摩エコスタイルプロジェクト”から報告しました。 なお、これらは昨年5月から、同商店会ならびに区役所通り登栄会と検討を進めてきたものです。 この報告について意見交換をし、さらに次のことを進めることとなりました。 (1) 店が市民に協力を希望する「店のエコ」の日別実績を記録し、今後の施策に反映します。 (2) 「店のエコ」の実績を環境保全貢献実績に置き換え作業を東京都市大学で検討します。 (3) 市民のエコに関するアンケート調査を6月6日に実施を同大学で検討します。 (4) “区役所通り登栄会”もこの「エコポイントカード」採用し、両商店街で共同運用を検討します。 なお、6月6日(土)11時から15時、登戸東通り商店街の空き地(太田生花店横・ロンド前)で“わくわく なまずんバザール”が開催され、それに併せて、当プロジェクトは上記エコポイントカードの来街者への告知活動や、ソーラークッキング実演など太陽光活用普及活動、ごみ分別ゲーム、エコ紙芝居の実施を予定しています。 ほかにも多摩区まちづくり協議会の“たまむすびプロジェクト”と多摩区役所こども支援室(たまプレ)も空き地を利用した、こども対象イベントを実施し、同商店街の「エコな商店街を目指す活動」を支援します。 注)登戸エコ会議とは、昨年11月から川崎市と東京都市大学とで進めている共同研究「ボトムアップ型まちづくりによる低炭素型商店街の実現」に関する打合せ会議で、登戸東通り商店街、区役所通り登栄会と当プロジェクトが定期的に参加しています。

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。

ごみ分別ゲームを行いました!

5月15日、多摩区役所のアトリウムにて、 「ごみ分別ゲーム」を行いました。   普通ゴミのほかに、缶、びん、ペットボトル、新たに始まったプラスチック製容器包装やミックスペーパーなど、さまざまなゴミを分けるようになってから、ゴミに対する関心も高まってきて、ゴミの総量も減ってきていると言いますが、その分、どうやって分けたらよいのか、分け方で苦労している方は多いと思います。 そこで、多摩エコスタイルプロジェクトでは、サンプルで用意したゴミを、それぞれの分別かごに分けてみるというゲームをしながら、ゴミについて考えるゲームを行っています。 おかげさまで、大人の方だけではなく、子どもたちも含め、たくさんの方に参加していただきました。 ゴミは毎日の家庭生活で、どうしても出てしまうものなので、これからも、こういったゲームを行いながら、今後はゴミを減らすことについても、一緒に考えられたら、と思っています。 それから、今回は多摩区役所まちづくり推進部企画課とご一緒に、 ゴーヤの種も配布しました。 窓の外にゴーヤを育てると、陽を遮る「緑のカーテン」となり、 その分、部屋の暑さが軽減され、 冷房を減らしても夏を涼しく過ごすことができます。 種は数の限り、多摩区役所1階の総合案内でももらえます。 この夏、ぜひ、挑戦してください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントは受け付けていません。