エコ活動をしました(in登戸まちなか遊縁地)

11月17日(土)当プロジェクトは、登戸区画整理事業で出来た空き地を利用した“登戸まちなか遊縁地”で「会場内発生ゴミゼロ活動」、「エコ啓発活動」、「近隣商店街で実施中のエコポイントカード普及活動」をしました。晴天に恵まれたことと昨年につづき会場内に特設したメリーゴーランドで子ども連れ家族を中心に6000名近い来場者で賑わいました。

「会場内発生ゴミゼロ活動」は飲食店の使い捨てカップ・食器を減らすためリユース食器を5店で310個使用し、ゴミ発生量を減らしました。その他飲食店、物販店での発生ゴミは各店で回収を徹底、さらに終了後会場内ゴミ拾いをしました。
「エコ啓発活動」は自然エネルギーの代表格太陽光の力をソーラー模型電車実演で、他に今回新たに紙芝居「浦島太郎」でプラスチックゴミによる海洋汚染防止を、「うさぎとかめ」でマイカップ使用促進を、子どもたちに楽しく、わかりやすく説明しました。また、「エコポイントカード」は4月から2商店街が加わり4商店街が実施中で、多摩区商店街エコ活動として定着してきました。今回、まだ使用していない来場者に使用を呼びかけました。他に、今後の活動の参考に「レジ袋使用状況アンケート調査」を実施しました。

なお、同会場では大学生が企画した「たまなび1日子ども商店街」も同時開催されました。

リユースカップで会場内発生ゴミ削減


リユース食器


紙芝居でプラスチックごみの海洋汚染防止を呼びかけ


カテゴリー: 未分類, 活動報告   パーマリンク

コメントは受け付けていません。