第11回「登戸まちなか遊縁地」でエコ活動をしました

2019年11月16日(土)に「登戸まちなか遊縁地」が多摩区役所近くの空き地で開催され、お子さんからお年寄りまで5000名を超える来場者がありました。当多摩エコスタイルプロジェクトは1⃣『エコポイントカードの広報活動』、2⃣『イベントでの発生ごみ削減活動』、3⃣『リユース食器の普及活動』をしました。エコポイントカードの広報活動は「エコポイントカード参加店舗当てゲーム」が好評で多くの人に商店街でのエコ活動の大切さを知ってもらいました。会場での発生ごみ削減は”来場者にごみの持ち帰りのお願い”、“出店店舗には使ったごみは自店で責任回収の徹底”をしました。その結果スタッフが終了後会場内で集めたごみを含め当日発生した普通ごみはごみ袋1個分で収まりました。リユース食器の普及促進は、飲食に使われる使い捨てコップや食器にかえて何度でも使えるリユース食器の採用促進をしました。今回は5店舗で380個使われ発生ごみの削減ができました。なお、「登戸まちなか遊縁地」は“区画整理工事で変わりつつある登戸地区のまちの賑わいを取り戻すため”と“来場者の各家庭で使われるエネルギー節約を目指し”平成28年9月から開催し、平成30年からは「磨けば光る多摩事業」の委託事業として行われています。   

カテゴリー: ごみ, イベント, エコポイントカード, 商店街エコ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。