活動報告

折り紙教室

11月3日(祝日)13時から、おりづるの会の協力の下
折り紙教室を多摩区役所で開きました。

今回は、おりづるの会の皆さんが大人から小さなお子様まで楽しめる物で、
初心者の方でも折れるものを吟味して選んでくださいました。
挑戦した折り紙は、難易度の高いクリスマスリースから、
子どもも夢中になる昆虫や指輪まで全アイテムは6種類!
皆さん時間タップリ楽しみました。
 
 
 
 
《各ブースの様子》
 
☆クリスマスリース☆

これからのシーズン、私達をワクワクさせてくれる、クリスマスリース。
8つのパーツを組み合わせる為、同じ物を8つ作りました。
なかなか折りごたえがあった様で大人の方を中心に賑わいました。
小さな挑戦者は保護者の方に手伝ってもらい頑張って折りあげていました。
 
 
 
☆バラ☆
009
 
簡単な様で、ちょっとした技術がいるバラ。
美しいバラになるか、そうじゃないかは最後の仕上げが左右します。
美しいバラを作るには優しく片手で包み込む様にして仕上げると良いと教えて頂きました。
余りに素敵な仕上がりに、早速ハットや洋服に飾っていた方もいました。
折り紙とは思えないほど…おしゃれ度アップしてしまう素敵なバラでした。
  
  
 
 
☆みのむし☆
 
最近は、余り見かけなくなったみのむしですが、会場には沢山のみのむしが現れました!
シールで目を付けるとあーら不思議、ぐっと可愛いくなったりいろいろ表情のあるみのむしに変身、皆夢中になりました。
 
 
 
☆バッタ☆
010

2匹のバッタを折りました。まるで親子の様です。立体的な仕上がりでしたので、お部屋に飾りたくなる事間違いなしです。

 
 
☆クワガタ☆
008
男の子に大人気!
男の子は折り紙より外で元気に遊ぶイメージがありませんか?
そんな事ありません!
男の子は真剣にクワガタを作り、余りに素敵な仕上がりに飛ばして見たくなった様で、
ハサミで切り込みを入れて一工夫。
今にも飛び立ちそうなクワガタに変身させてしまいました。
これには大人も感心。
他にも、指輪で使うキラキラホイル折り紙で折って、素敵なクワガタを作っていました。
 
 
 
☆指輪☆
 
女の子に大人気!憧れの指輪! 
今回は可愛いハートの指輪を作りました。
アクセサリーはいくつあったって飽きません。
リピーター続出! 最高10個も作った子もいました!
 
 

全部のブースを回った方も回り切れなかった方もいましたが、皆さん時間一杯楽しんでいました。
 
 
 
 
 
 
《発表会》
 
作品を見せて下さい
 
最後に、発表会をしてそれぞれ作った作品を見せて頂きました。子ども達も嬉しそうに仕上がった折り紙を見せてくれたのがとても印象深い発表会でした。
楽しい時は過ぎるのも早いもので、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。
おりづるの会の皆様が初心者でも折れるものをと解りやすくおり図も作ってくださり、会場に素敵な作品を飾ってくださいました。おりづるの会の皆様素敵な時間をありがとう ございました。
 
 
 
《番外編》
プレイリーダーがいます
☆たまむすびの子ども達☆
スタッフの子ども達も頑張りました。設営に率先して手伝ってくれたり、部屋を大きくする為に仕切りの取り外すお手伝いをしたり、キッズスペースは大きなお姉ちゃんをリーダーに子ども達で作りあげてくれました。片付けも、喜んで手伝ってくれました。
 
たまむすびの子供たち

それを大人のスタッフが優しく見守ながら、手伝ってくれます。いつもは、角が生えて しまうお母さん達もついつい手をとめてホッ安心してしまう、そんなひとときです。
多世代で作り上げるたまむすびの活動に興味のある方は是非見学にいらしてみて下さい。
(たまむすびプロジェクトについては、チラシギャラリーに掲載されているチラシをご覧ください)

2015_06_06_なまずんバザール
平成27年6月6日(土)に「登戸東通り商店会」主催の「わくわくなまずんバザール」に参加しました。

2015_06_06_なまずんバザール

「たまむすび」は「多摩区でプレーパークをやっちゃおう会」「多摩エコスタイルプロジェクト」と協力し、空地を利用して昔遊びやバスボム作りを通した世代間交流とエコな商店街づくり、エコライフ啓蒙活動を目指しました。

たくさんの親子連れが参加してくれたバスボム作りは
お風呂に入るのが楽しみだと笑顔で帰って行く方ばかりで
こちらもとてもわくわくした気持ちになりました。

わくわくなまずんバザール
 
昔遊び検定とビンゴゲームでは
ベーゴマ、コマ、けん玉の検定表が人気で
お父さんや地域の方に教わりながら頑張る
子供たちの微笑ましい姿が見られました。

0606_01

今回のイベントでは登戸東通り商店会と新たなつながりができ、「なまずんバザール」という舞台をお借りして今後も活動を広げられる可能性が出来ました。

お祭りへの出店は他の団体との連携も取りやすい事、そして多くの近隣の人が訪れる事から、「たまむすび」の活動を広く知って貰い、他の団体や新たな仲間とつながっていくう好機と捉え、今後も登戸東通り商店会と協力しあえる関係を築いていきたいと思います。

平成27年3月1日(日)に「中野島こども文化センター」の協力を得て「やきいも交流会」を行いました。
やきいも交流会

当日はあいにくの天候の中、地域の方を中心に187名が参加され大盛況!

やきいもやきいも

やきいもの他に「昔遊び」「こども体操」「読み聞かせ」「火起こし体験」などを行い、老若男女、多世代の人たちが交流を深めました。
読み聞かせ火起こし体験

  • イベントを通して達成したこと
    行政機関「中野島こども文化センター(運営:公益財団法人かわさき市民活動センター)」と共催する形式をとり、企画運営と実践を通した地域とのつながりの場をつくるという、「たまむすび」本来の目的を遂げることができました。
    「やきいも交流会」を通じてつながった地域・団体の皆さま
    [中野島こ文運営協議会・周辺団地自治会・町会・こ文関係者]

    こども文化センターにおいて、たき火ややきいもの実施経験が豊富な「こ文運営協議会」の皆さまより火のおこし方などを伝授して頂き、「たまむすび」に「やきいもノウハウ」が蓄積されました。

普段こどもたちが出来ないことを体験し、それをシニアが手助けし見守る、というプロジェクトが掲げる目的の一つを実施することができました。